歩行者の事故 - 杉並区 交通事故 弁護士

 

歩行者の事故

  • HOME  > 
  • 歩行者の事故
 

歩行者の事故

歩行者の事故
 
 歩行中に交通事故に遭うことがあります。
 いわゆる歩行者の事故です。
 
 歩行者の事故のうち大半は道路を横断中の事故です。
 自動車と接触した場合は、重大な怪我・後遺症を負う可能性が高くなります。
 歩行者の事故の半数以上は、「横断歩道以外」を横断している際に発生した事故です。
 道路を横断するときは、できるだけ横断歩道を通行していただきたいです。
 
 事故が発生する場面には特徴があります。
 たとえば、幼児・小学生においては、学校が終わって下校をする途中や友人と遊んでいるときなど、夕方に交通事故に遭う件数が圧倒的に多くなっています。
 
 また、中年層においては、夕方以降の夜間帯に交通事故に遭う件数が多くなる傾向にあります。
 これらは、会社が終わって、同僚などと飲酒をして、注意力が散漫になっていることの影響も考えられます。
 
 歩行者が交通事故に遭った場合に適正な補償を受けるためには、事故状況の証明が非常に重要です。
 たとえば、信号が何色の時に横断をしようとしたのか、接触した位置が横断歩道からどれだけ離れていたか、横断するために歩行者がどのような動きをしたかによって、加害者に問われる過失の割合が変わります。
 それによって、受け取れる損害賠償の額が大きく変わるのです。

 また、登下校中の事故や出勤・帰宅途中の事故においては、災害共済給付や労災保険が使えたり、学校や会社に対して、極めて例外的ですが損害賠償の請求ができたりする可能性もあります。
 これらについては、状況によって大きく異なります。
 
 歩行者の事故についても、専門家へのご相談をおすすめします。
   
   
杉並 武蔵野 交通事故 後遺障害相談
運営:ワイズ法律事務所
土曜・日曜・祝日も営業(不定休)
21時まで相談
相談時間 10:00~21:00
電話受付 10:00~18:00
03-5941-8350
駅前0分の好立地
JR中央線・西荻窪駅前(南口)
〒167-0053
東京都杉並区西荻南3-9-7
ボストンビル3階
<<運営 ワイズ法律事務所>> 〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-9-7ボストンビル3階
JR中央線・西荻窪駅前(南口)徒歩0分 TEL:03-5941-8350