遷延性意識障害 - 杉並区 交通事故 弁護士

 

遷延性意識障害

  • HOME  > 
  • 遷延性意識障害
 

遷延性意識障害の症状

遷延性意識障害の症状
 
次の6つの症状が継続します。

自分で動くことができない。
自分で食べることができない。
糞尿を漏らしてしまう。
声を出しても意味のある発語ができない。
意思疎通がほとんどできない。
眼球は動くが認識はできない。
 

説明

説明
 
遷延性意識障害は、「せんえんせいいしきしょうがい」と読みます。

「植物状態」と呼ばれることもあります。
 
でも、大切な家族を「植物」なんて呼ばれたくないですよね。
 
そこで、近年では「遷延性意識障害」と呼ばれるようになってきています。
 

治療

治療
 
完治は難しいと言われています。

しかし、医学は日々進歩しています。
 
改善事例・回復事例も報告されています。
 

後遺障害等級認定

後遺障害等級認定
 
遷延性意識障害は、後遺障害等級の1級に該当する場合があります。
   
   
杉並 武蔵野 交通事故 後遺障害相談
運営:ワイズ法律事務所
土曜・日曜・祝日も営業(不定休)
21時まで相談
相談時間 10:00~21:00
電話受付 10:00~18:00
03-5941-8350
駅前0分の好立地
JR中央線・西荻窪駅前(南口)
〒167-0053
東京都杉並区西荻南3-9-7
ボストンビル3階
<<運営 ワイズ法律事務所>> 〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-9-7ボストンビル3階
JR中央線・西荻窪駅前(南口)徒歩0分 TEL:03-5941-8350