脊髄損傷 - 杉並区 交通事故 弁護士

 

脊髄損傷

  • HOME  > 
  • 脊髄損傷
 

脊髄損傷の症状

脊髄損傷の症状
 
脊髄損傷
手足が麻痺して、十分に動かすことができない
手足の感覚がない
排尿や排便に支障がある
 

説明

説明
 
脊髄(せきずい)は、背骨(脊椎・せきつい)によって囲まれた脊柱管(せきちゅうかん)というトンネルを通っています。
脊髄は、脳からの指令を手や足などの末梢に伝えます。
また反対に、末梢からの信号を脳へ伝える役割も果たしています。
顔面以外の運動や感覚は、すべてこの脊髄を介して行われます。
脊髄が損傷されると、その障害された部位より下へ脳からの指令が伝わらなくなります。
また下からの信号が脳へ伝わらなくなります。
そのため、運動麻痺、感覚障害、自律神経障害、排尿障害、排便障害などのさまざまな障害が生じます。
 

治療

治療
 
急性期
事故直後の搬送では、症状を悪化させないようにからだを固定したりします。
処置や手術が行われるときは、病院が行う説明をしっかり聞いておきましょう。
 
回復期
自立に向けたリハビリを行います。
また自宅復帰、社会復帰を目指す環境づくりが必要となります。
 

後遺障害等級認定

後遺障害等級認定
 
脊髄損傷は、後遺障害等級の1級、2級、3級、5級、7級、12級に該当する場合があります。
   
   
杉並 武蔵野 交通事故 後遺障害相談
運営:ワイズ法律事務所
土曜・日曜・祝日も営業(不定休)
21時まで相談
相談時間 10:00~21:00
電話受付 10:00~18:00
03-5941-8350
駅前0分の好立地
JR中央線・西荻窪駅前(南口)
〒167-0053
東京都杉並区西荻南3-9-7
ボストンビル3階
<<運営 ワイズ法律事務所>> 〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-9-7ボストンビル3階
JR中央線・西荻窪駅前(南口)徒歩0分 TEL:03-5941-8350