低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症) - 杉並区 交通事故 弁護士

 

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)

  • HOME  > 
  • 低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)
 

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の症状

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の症状
 
低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)
頭痛や首の痛みがとれない。
吐き気、ふらつき感、めまいがする。
これらの症状が起き上がっている状態で悪化す
    る。
 

説明

説明
 
低髄液圧症候群は、何らかの原因で体内で脳脊髄液が漏れて、頭痛や吐き気などがおこるものです。
 
これらの疾患は必ずしも「低髄液圧」を伴うとは限らないとして、「脳脊髄液減少症」と呼ぶ例もあります。
 

診断・治療

診断・治療
 
低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の診断や治療は確立されていません。

しかし、厚生労働省において専門家による研究が進められています。
 
さらに平成24年6月には先端医療として認定されました。
 
今後、さらなる病態の解明や診断・治療の確立が期待されます。
 

後遺障害等級認定

後遺障害等級認定
 
低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)は、後遺障害等級の9級、12級、14級に該当する場合があります。
   
   
杉並 武蔵野 交通事故 後遺障害相談
運営:ワイズ法律事務所
土曜・日曜・祝日も営業(不定休)
21時まで相談
相談時間 10:00~21:00
電話受付 10:00~18:00
03-5941-8350
駅前0分の好立地
JR中央線・西荻窪駅前(南口)
〒167-0053
東京都杉並区西荻南3-9-7
ボストンビル3階
<<運営 ワイズ法律事務所>> 〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-9-7ボストンビル3階
JR中央線・西荻窪駅前(南口)徒歩0分 TEL:03-5941-8350