RSD - 杉並区 交通事故 弁護士

 

RSD

  • HOME  > 
  • RSD
 

RSDの症状

RSDの症状
 
RSD
交通事故で負ったケガは治ったかのように見え
    るのに、激しい痛みが続く。
焼かれるような痛みや、ズキズキ疼く痛み、ナ
    イフで切り裂かれるような激しい痛みが続く。
皮膚の色が変わっていく。
手足を動かしにくくなる。
 

説明

説明
 
交通事故などが原因でケガをした場合、過剰な出血を防いだりするため、手足の血管がいったん収縮します。
これは「交感神経反射」によるものです。
その後ケガが治ると、血管は元の状態に戻ります。
 
しかし、RSDの患者さんは、ケガが治ってもこの交感神経反射が働き続け、血管の収縮が続いてしまいます。
そのため、ケガをした部位やその周辺に血液による栄養補給が行き渡らなくなり、激痛を伴う強い持続的な痛みや筋委縮が発生します。

RSDとは、Reflex Sympathetic Dystrophy(反射性交感神経性ジストロフィー)の略です。
 
現在は、CPRS(Complex Regional Pain Syndrome:複合性局所疼痛症候群)のtype Iとも呼ばれます。
 

後遺障害等級認定

後遺障害等級認定
 
RSDは、後遺障害等級の7級、9級、12級に該当する場合があります。
   
   
杉並 武蔵野 交通事故 後遺障害相談
運営:ワイズ法律事務所
土曜・日曜・祝日も営業(不定休)
21時まで相談
相談時間 10:00~21:00
電話受付 10:00~18:00
03-5941-8350
駅前0分の好立地
JR中央線・西荻窪駅前(南口)
〒167-0053
東京都杉並区西荻南3-9-7
ボストンビル3階
<<運営 ワイズ法律事務所>> 〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-9-7ボストンビル3階
JR中央線・西荻窪駅前(南口)徒歩0分 TEL:03-5941-8350